• ホーム
  • 足が臭うのは水虫ではなく点状角質融解症かも

足が臭うのは水虫ではなく点状角質融解症かも

水虫に似た症状を現す皮膚疾患に点状角質融解症があります。
水虫と勘違いすることで市販の治療薬を使用する人も多くいますが、全く別の疾患であり、水虫対応の抗真菌薬は効果が無いために注意が必要になります。

点状角質融解症は、細菌が繁殖することで足の裏の角質に点状のくぼみが多くでき、悪臭が伴う細菌感染症の1つです。
硫黄臭や納豆臭に近い悪臭がすることから、足の裏の臭いが気になって受診をし、はじめて症状が判明する場合もあります。

細菌感染症は常在菌と通過菌によってよって引き起こされ、一般的には通過菌を原因として発症します。
一方、常在菌は、皮膚の湿度や温度の条件が細菌の発育に都合の良い部位に常に生育しており、通常は病気を引き起こすことはありません。

しかし、温度が上昇するなど環境が変わることで一気に増えることになり、病原性を発揮することで感染症を引き起こすことになります。
点状角質融解症は、常在菌となるコリネバクテリウムやミクロコッカス、デルマトフィラスなどが過剰に増殖することで発症します。
これらの菌は、高温多湿を好み、汗をかいて皮膚が蒸れると増殖しやすく、皮膚の浅い部位に起こることから浅在性皮膚感染症の1つになります。

症状としては、足底に直径2~4mm程度、深さ1~2mm程度の小さな穴が多発します。
原因には、細菌が角質で増殖することで分泌をする角質溶解酵素の存在があり、角質が溶けることで小さな穴があくことになります。

症状によっては集合してへこみや虫食い状になる場合もあり、汗の多い部位や、立った時に圧迫を受けやすい場所に現れます。
へこみや虫食い状は入浴などで確認しやすく、多くは、両方の足の裏に同じような症状が現れることになります。

点状角質融解症では、通常かゆみはないものの、足の裏に多くの汗をかくために不快感を覚えることになります。
痛みに関してはヒリヒリ感や、歩いた場合に擦れることで痛みが伴う場合があり、黄色の汁が靴下などに付着をすることで硫黄や納豆臭などの悪臭が生じます。

点状角質融解症の予防と治療方法を解説

点状角質融解症の治療には、通常、塗り薬が処方されます。
一般的には抗生物質を含む塗り薬や、イミダゾール系の抗真菌剤が治療に用いられます。

ただし、抗生物質の連続使用は耐性菌が出現してしまうリスクがあり、治療と並行して、予防にも力を入れることが重要になります。
予防では、悪化、細菌の増殖、再発をさせないことが大切なポイントになります。
内容としては、足裏を清潔に保つこと、靴の中の蒸れを発生させないこと、臭い対策グッズの利用などがあります。

足を清潔に保つには薬用抗菌石鹸の利用が効果的です。
普通の石鹸ではしっかりと対処できないことが多く、ここでは、抗菌作用のある石鹸が効果を発揮します。

商品は数多く販売されており、消臭効果のあるものを選ぶことで臭い対策も行うことができます。
注意点としては、足を拭いたバスタオルやマットなどを共用しないことがあり、常に清潔に保つよう心掛ける必要があります。

蒸れ対策では、靴や靴下に注意をする必要があります。
細菌は高温多湿になると増殖を始めるために、まず、通気性の悪い靴は避ける必要があり、同じ靴を毎日履かないことも大切なポイントになります。
靴下に関しても同様になり、化学繊維ではなく、蒸れにくい、できるだけ吸湿性が高い綿製品などを選ぶ必要があります。

一度使用した靴下は避け、常に清潔なものを履くことも細菌の繁殖を防ぐ効果があり、頻繁に履き替えることで清潔を保つことができるようになります。
また、制汗剤を足裏に使用することも蒸れを防ぐ効果があります。

点状角質融解症は靴や靴下などの注意点を守り、処方された薬で治療をすれば数週間で改善することができます。
ただし足が蒸れた状態が続くようだと再発する可能性も高く、十分な対策をしておくことが重要になります。